ホワイトニングジェル おすすめ ランキング

ホワイトニング用ジェルの歯磨きランキングです

このページでは、歯が白くなるホワイトニング用ジェルの歯磨きについて詳しく書いていきます。

 

ホワイトニング用ジェルの歯磨きランキングです

 

歯が黄色いけど、白くしたい。

 

歯の黒ずみをなんとかしたい。

 

本当に輝く白い歯になれるの?

 

口臭も一緒に予防したい。

 

などなど、主に歯を白くしたい=歯のホワイトニングを考えている方のご参考になれば幸いです。

歯を白くする効果のある歯磨き人気ランキングです

私も歯が黄色くて悩んでいました。色々使ってみて、私が良かったと思うもの。家族や知り合いに試してもらったもの、他ネットの口コミなどを参考にランキングしました。

 

人気ランキングです

 

9877

薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

  • 今、一番売れているホワイトニング用ジェルの歯磨き
  • 歯科医も推薦しています
  • 雑誌でも話題です
  • 芸能人でも愛用者が多数
  • ポリアスパラギン酸が黄ばみやステインを除去
  • ビタミンC+リンゴ酸が歯に付着した汚れを落とす
  • GTOが虫歯リスクの軽減
  • 爽快!爽やかな使い心地

価格 3,980円
評価 評価5
備考 厚生労働省が認定した医薬部外品です。
薬用 ちゅらトゥースホワイトニングの総評

色々なホワイトニング用ジェルの歯磨きはありますが、このちゅらトゥースホワイトニングが一番ホワイトニング効果があると言っていいと思います。

私も実際ちゅらトゥースホワイトニングで、歯が白くなりました。事実、ちゅらトゥースホワイトニングの効果は口コミで広がり、今一番売れてい、ます。

さらに、ホワイトニング用ジェルの歯磨きを使用したことがある54万人を対象にアンケート調査したところ、ちゅらトゥースホワイトニングは以下の6部門を制覇!ホワイトニング用ジェルの歯磨きの王者と言ってもいいかも知れません。

  • 最もお得だと感じた部門
  • 安心安全な部門
  • 効果が期待できる部門
  • 信頼できる歯みが部門
  • 人に薦めたい部門
  • 試したいと思う部門
また、ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くするだけではありません。虫歯と口臭もしっかり予防し、お口の中を健康に導きます。

使い方も簡単で、いつもの歯磨きに変えて、ちゅらトゥースホワイトニングを使うだけです。手間なく、簡単に歯を白くすることが出来るちゅらトゥースホワイトニングは、黄色い歯に悩んでいる方にとってもおすすめです。

5345

はははのはの特徴

  • 製薬会社と共同開発しています
  • ステインに働きかけるWの成分
  • ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウム
  • 汚れに働きかける酵素を配合
  • 天然成分が歯の汚れに入り込む
  • 完全無農薬!10種類のオーガニック成分
  • 潤い成分と保護成分もしっかり配合
  • 朝のネバネバをハッカ油で撃退します
  • 寝ている間もしっかりホワイトニング

価格 1,980円
評価 評価4.5
備考 10日間の返金保証があります
はははのはの総評

いま人気がグングン上がり、利用者を増やしているホワイトニング用ジェルの歯磨きと言えばこのはははのはです。口コミで人気が爆発し、生産が追い付かない状態となり、何度か在庫切れを起こしています。

天然由来の成分のみが配合されており、研磨剤、漂白剤、発泡剤、着色料などは一切不使用、低刺激の無添加歯磨きで長く使えるように設計されています。

ネット人気も高く、口コミを探すと多くの方が歯が白くなった効果を実感しています。製品管理も厳しく、ISO認定工場で、医薬品と同じ厳格な基準で行われています。

始めるなら定期便がおすすめですが、回数の縛りがないので、2回目以降いつでも止めることが出来るので安心できます。

10075

プレミアムブラントゥースの特徴

  • 世界5か国で売り上げ1位を記録
  • 世界中のセレブも愛用
  • 歯科衛生士も推薦しています
  • 海外セレブも虜のココナッツオイル配合
  • ウーロン茶エキスで口内を健やかに
  • 歯を守る茶カテキンも配合
  • 自然のホワイトニング効果パパイン

価格 3,980円
評価 評価4
備考 90日間の返金保証があります。
プレミアムブラントゥースの総評

プレミアムブラントゥースは世界で一番売れていると言ってもいいホワイトニング用ジェルの歯磨きです。

いつもの歯磨きに変えて磨くだけで、黄ばみをごっそり取って歯を白くし、ねばつきと口臭まで予防してくれます。

歯に危険な成分は配合されておらず、自然由来の成分をギュッと詰め込み、植物の力のみで歯を白くします。

今話題のオイルプリングができるホワイトニング用ジェルとしても需要が高まっています。

断トツのおすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

おすすめはやはりランキング1位のちゅらトゥースホワイトニングです。私が実際に使って歯が白くなったので、断然おすすめです。

 

断トツのおすすめは1位のちゅらトゥースホワイトニングです

 

ちゅらトゥースホワイトニングをふくめ、はははのは、プレミアムブラントゥースもそうですが、ホワイトニング用ジェルの歯磨きは、使ったらすぐ歯が白くなるという製品ではりません。

 

植物の力で穏やかにゆっくり歯を白くするので、とても安全な製品ばかりです。その中でも私がちゅらトゥースホワイトニングを選んだのは、各種の口コミランキングで1位だからです。特に、ホワイトニング用ジェルの歯磨きを使用したことがある54万人を対象に行ったアンケート調査で断トツの1位を獲得した点はすごいの一言です。

 

54万人が口コミで「これいいよ」と言った一言は、一人の歯科医が推薦するよりも説得力があると思います。

 

また、虫歯、歯肉炎、歯ぐきの腫れも予防してくれます。いくらいい歯磨きを使っていても、口内が不健康だったら、効果も半減です。白くて健康な歯は、健やかな口内からしか生まれません。その点、ちゅらトゥースホワイトニングは歯を健康にしてくれる成分もたっぷり。総合力で、他の製品たちより優っていると思います。

 

ちなみに、ちゅらトゥースホワイトニングはネット通販限定の商品ですので、ドラッグストアなどには売っていません。楽天、アマゾンでも取扱いがないので、公式サイトが最安値で買えます。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値店は公式サイトです

日本人に多く見られる歯の黄ばみ!その様々な原因とは?

歯が黄色くなる原因は?

歯が黄ばむ原因には、外因性と内因性によるものがあります。その原因を探りましょう。

 

タバコ

まず外因性として気をつけたいのがタバコです。タバコのヤニは落ちにくく、付着が蓄積していくと歯が黄ばんでしまいます。そのまま放置しておくと黒っぽく変色することもあるので注意が必要です。

 

色の濃い食べ物

タバコを吸わない人でも安心はできません。馴染みのある食べ物や飲み物にも黄ばみの原因は多く潜んでいます。特に着色しやすいのが色の濃い食品で、カレーやケチャップ、しょうゆ、ほうれん草など身近な食品ばかりです。

 

チョコレート

ポリフェノールを含むチョコレートやワイン、タンニンやカテキンを含むものの摂取も原因となります。

 

スポーツ飲料

また、スポーツドリンクや炭酸飲料自体には問題がないのですが、食事中に着色性食品と同時摂取することで着色を進行させてしまうので注意が必要です。しかし、水分摂取をしないと体調に変化を及ぼす場合もあります。スポーツ飲料を飲んだ場合、歯の表面に凹凸や傷がある人ほど、色素が付着しやすくなります。飲食後は口をゆすいだり水を飲んで、口内を清潔に保ちましょう。

 

遺伝と加齢

次に内因性の原因としては、遺伝による影響が大きいと言えます。エナメル層がうまく形成されない人がいたり、何らかの要因で先天的に歯に黄色い箇所が存在したりする人がいるものです。エナメル質が薄い人は、歯の内側の象牙質が透けて見える傾向があります。象牙質の色には個人差が見られますが、日本人は黄色みを帯びていてエナメル層も薄い人が多いので、欧米人と比較すると全体的に黄色っぽい歯をした人が多いのです。加齢によってエナメル層が薄くなったり、象牙質が濃くなってきて黄ばんで見えるというケースもあります。

 

このように生まれもって黄ばみが生じている場合や加齢も原因となりますが、出来る限りのケアを施すことで黄ばみの更なる進行、又は虫歯や口臭の予防ともなります。また、残念ながら、遺伝と加齢で黄色い歯は、ホワイトニング歯磨きで白くすることは難しいでしょう。専門家に相談されることをおすめします。

 

過剰な歯磨き

歯磨きは有効な手段ですが、強く磨きすぎると歯の表面を覆うエナメル層を傷つけてしまうので注意して下さい。虫歯の進行過程で歯が黄色くなってきたり、虫歯治療で使われる金属性詰め物の劣化によって歯が黄色く変色することもあります。

 

また、口腔ケアを怠っていると歯石が付着して黄ばみの原因となります。また口の中が乾燥している状態が続くと唾液の分泌が減って歯に汚れが付着しやすくなるものです。日頃から水分補給や鼻呼吸を意識するようにしましょう。


自宅でもできる歯のホワイトニング方法5選

自宅でもできる歯のホワイトニング方法5選

歯の白さが人に与える印象は大きいです。話す相手に爽やかな印象を与える白い歯を自宅で簡単に作る方法をご紹介します。

 

美白効果のある歯磨き粉を使う

歯磨きは誰でも毎日行うもの。ならば、そのついでに歯のホワイトニングを。手軽で簡単な方法です。美白効果のある歯磨き粉にはハイドロキシアパタイトで歯の表面を修復するもの、ピロリン酸ナトリウムのイオンの力で歯についた汚れを浮き上がらせて取るもの、天然ミネラルのシリカで歯の白さを保つものなど色々なタイプのものがあります。自分の体質に合ったものを選ぶことと、研磨作用の高いものもあるので週に何回くらい使うのか注意して使用することが大事です。市販の歯磨き粉は安全面を考慮して作られているので極端に強力な美白成分は含まれていません。日々の歯磨きでコツコツ白くしていきましょう。

 

重曹を使う

重曹には強い研磨作用があるので歯のホワイトニングに使えます。そのまま使用すると歯を傷めるので大さじ1杯の重曹に水を加えてペースト状にし、歯の汚れや黄ばみが気になるところにやさしくこすりつけます。5分ほどすると歯の表面の汚れが浮くので水ですすぎます。その後、研磨により傷ついた部分をケアする意味でフッ素やハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉で磨き、歯の表面をコーティングします。

 

歯のマニュキュアを使う

歯を根本的に白くするわけではないのですが歯の表面に塗って白く見せる市販のマニュキュアを使う方法もあります。効果は半日から1日だけですが銀歯・差し歯・神経のない歯なども白く出来ます。歯科医で数ヶ月から数年ほど白さを保つマニュキュアの処置を受けるよりコストはかかりませんし、自分の好きなタイミングで白くできるのが便利です。

 

水流洗浄できる電動歯ブラシを使う

歯磨き粉を使わずに強い水圧で歯を磨く水流洗浄の電動歯ブラシも歯のホワイトニングに効果的です。ブラシでは届かない歯の細かいデコボコや歯間、歯周ポケットなどの細かい汚れまで綺麗にできるので、汚れや黄ばみの元を取り去り、茶渋や食べ物などによる着色を定着しにくくしてくれます。

 

歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムは、先端にシリコン製の消しゴムがついたペンと研磨剤が含まれた薬品を使って歯の表面をこすり、白くする製品です。表面についた汚れを削って落とすだけなので、歯の着色汚れを分解して取り去るわけではありません。特に汚れが目立つところを急いで白くしたい場合などに便利です。ただ、歯を傷つけてしまうので必要以上にこすらないことと、使用後は研磨剤の入っていないフッ素やハイドロキシアパタイト配合の歯磨きで磨き、歯の表面をケアすることが重要です。

 

自宅でできる歯のホワイトニング、ご自分に合ったものを効果を確かめながら少しずつ試してみてください。


白い歯にしたい方は必見!賢いホワイトニングジェルの選び方

賢いホワイトニングジェルの選び方

ホワイトニングジェルは、簡単に自宅で歯を白くできるのがひとつのメリットですが、「商品の種類が豊富にありすぎて、何を選べば良いか迷ってしまう」、「何をポイントにして選べば良いのか教えてもらいたい」と困っている人たちは少なくありません。

 

成分が大事

一般に市販されている歯磨き粉は製品ごとに効果が異なっており、複数の効果が期待できる歯磨き粉も多数販売されています。そんな中、もし「歯の黄ばみを取り除いて白い歯にしたい」などホワイトニング効果を得たいのであれば歯の着色汚れを落としてくれる成分が入ってる歯磨き粉を選ぶ必要があります。

 

着色汚れを落とす効果がある成分には、ハイドロキシアパタイトやポリリン酸ナトリウム、ピロリン酸ナトリウムなどがあり、これらはどれもステイン除去剤の主な洗浄成分です。そのため、歯に付着した汚れを除去したい場合は、それらの成分が含まれているホワイトニングジェルを選ぶと良いでしょう。

 

医薬部外品かチェックする

またホワイトニングジェルを選ぶ際は、国の薬事法に定められている医薬部外品として許可が下りているホワイトニングジェルなのかきちんと確認しておく事も重要なポイントとなります。

 

現在、医薬部外品の指定を受けているホワイトニングジェルは多数あり、それらは医薬品でも化粧品でもない中間的な位置付けとなっています。しかし医薬部外品は病気の治療には至らなくても、効果や効能は確認されており、ある一定の信頼性はあるとも言えます。

 

さらに化粧品メーカーのみで作っておらず、製薬会社と共に開発されているかどうかも良いホワイトニングジェルを選ぶには大きな判断材料になるでしょう。

 

研磨剤が入っていない製品を選ぶ

一方、毎日、安全に歯を磨くためにも、発泡剤や研磨剤が用いられていないホワイトニングジェルを選ぶのがおすすめです。

 

研磨剤の場合、市販の歯磨き粉に用いられているケースがほとんどです。もし長期間、研磨剤が入っている歯磨き粉を使用していると、歯のエナメル質が削れてしまいます。

 

また、発泡剤が入っているホワイトニングジェルの場合も、最悪の場合、歯周病や虫歯の原因になる恐れがあり、注意が必要です。そのため、最もおすすめしたいのが発泡剤及び研磨剤が含まれていない無添加のホワイトニングジェルです。色素を分解してくれる成分が入っていれば、着色汚れを落として歯が白くなるホワイトニング効果が十分に期待できます。

 

価格も大事

他にもホワイトニングジェルの選び方としては、長期間、継続できるような価格かどうかも大切なポイントです。歯を白くするにはホワイトニングジェルを長期間使用する必要があるので、リーズナブルな価格で長く使い続ける事ができるものを選ぶと良いでしょう。

 

当サイト1位はちゅらトゥースホワイトニング

歯を白くするすべてが詰まっているホワイトニング歯磨きです。リピート率はなんと91パーセント。

 

磨けばすぐ歯が白くなる即効性はありませんが、根気よく磨けば白さを感じることができる確実性はあります

 

ちゅらトゥースホワイトニングの最安値店は公式サイトです